2019年01月22日

鎌倉バレンタインビール2019発売開始しました

2019年の鎌倉バレンタインビールは 
「カカオニブ」を使った
甘くないバレンタインビール

2019mfvpgbn.png

setweb.jpg

カカオニブを、煮沸時と発酵時に使用することで、焙煎麦芽では出せないカカオ特有のフレーバーが香る、バレンタインにぴったりのビールになりました。

チョコレートのような甘さはなく、濃色系ビールのくどさもなく、後味はむしろすっきり綺麗にまとまっています。

最初にふわっとカカオの香りが感じられ、飲み進めるとじわじわとカカオのビターなフレーバーが主張してきます。

〇カカオニブとは・・・
カカオ豆の胚乳部分をローストし砕いたもので、チョコレートやココアの原料となります。
カカオニブは、ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維、カテキンが豊富に含まれていることから、スーパーフードとして注目されているそうですが、ビールのおつまみにもよく合います。
今回はコロンビア産のカカオニブを使用しました。

nibu01.jpg

甘いビールが苦手な方、チョコレートが苦手な方でも、カカオのビターなフレーバーを感じて、最後まで美味しく飲んでいただけるように、バランスを整えました。

お酒好きな方にも満足していただけるように、軽やかな飲み口なのにアルコール分はビールでは少し高めの6%に設定。

さらに今回初の試みとして、副原料も一緒に味わっていただけるように、使用したカカオニブと同じものを、おつまみに添えたセットにしました。
nibu.png

mfv2019set3.jpg
2019mfvバナー.png

鎌倉バレンタインビールは今年で11作目となりますが、昨年まではチョコレート麦芽というロースト麦芽を使用することで、ビターチョコレートを思わせるフレーバーのビールを造っていました。

昨年酒税法が改定され、ビールの製造免許でも一定の基準に沿って副原料を使用することが出来るようになったことで、今回はバレンタインビールのイメージにあわせたカカオニブを使用しました。

原材料をおつまみとして付けたセットも初めての試みです。
ビールに使用したカカオニブと同じものをセットにしました。ぜひビールと一緒に味わっていただき、味の変化をお楽しみください。
2019mfvpgbn.png

工場お引き取りをご希望の際は、前日までにお電話でご予約ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185423366

この記事へのトラックバック